バルトレックスの効果と飲み方

バルトレックスは、1日に2回~3回の服用で、口唇に症状を引き起こすHSV-1や性器に症状を引き起こすHSV-2、水痘と帯状疱疹を引き起こすVZVなどのクローニングを阻害する効果があります。バルトレックスは、従来のアシクロビルやファムシクロビルなどを主成分とする抗ウイルス薬に比べて、バリンを付加したプロドラッグであるバラシクロビルを主成分とする事で、胃での分解吸収を抑制し腸壁からの吸収効率を改善したことにより生理学的利用能が50%以上まで高められ、1日の服用する回数が少なくなっています。バルトレックスは、1型や2型に感染した場合は1回1錠を1日2回の5日間服用し、翌日には効果が現れ2日~3日で治癒した様に症状がおさまります。しかし、GHを引き起こすHSV-2に初感染した場合、通常は再発による症状より強く症状が発現する為、1回1錠を1日2回10日程度服用し経過を観察します。又、帯状疱疹の場合は、1回2錠を1日3回7日間程度服用します。バルトレックスの効果は、主な成分であるバラシクロビルが分解酵素によりアシクロビルに代謝され、代謝活性化されたアシクロビルがデオキシリボ核酸を構成するdGTPと置きかわる事で正常なクローニングを阻害し、ウイルス増殖を抑制し症状を改善します。また、バルトレックスは、活動中のヘルペスウイルスの増殖阻害効果に加えて、体内の各部の神経節の奥深くで休眠しているHSV-1やHSV-2などにも有効とされ、再発を抑制する治療として2か月~1年程度バルトレックスを処方し、休眠状態のHSV-1やHSV-2の約3割を取り除く事が出来るとされています。バルトレックスは、副作用が少なく安全とされる抗ウイルス薬なので、早期服用により症状も軽く短期間で治癒する事が出来ます。

バルトレックスを通販で買ってみましょう

抗ヘルペスウイルス薬であるバルトレックスは、処方せん薬であるので病院で処方してもらわなくてはならないです。ただ、病院で処方してもらう場合、長時間待たされる、性病である事を医師に伝えるのが恥ずかしい、忙しくて病院へ行く時間が取れない、などといったケースもあります。病院で処方せんを出してもらわなければならないのは何も嫌がらせという訳では無く、医薬品の取り扱いは安易に行うとトラブルの原因となるので、正しい知識の元で処方するようにする事によって安心して薬を利用する事が出来るようになっているからです。そういう面があるので仕方の無い事ではあるのですが、それでもやはり病院へ行かずに手に入れたいという場合は通販で手に入れるという手段もあります。通常の市販薬を販売しているサイトでは購入する事は出来ないのですが、個人輸入代行を行っている通販サイトならば購入する事が可能となっています。バルトレックスは薬価が高いですが、コストを抑えて手に入れたい場合にも通販ならばジェネリック医薬品を手に入れる事が可能というメリットもあります。ただし、病院で処方してもらわないで通販を利用する際には二つの点に注意する必要があります。まず、先ほども少し述べたように医師の診断を受けるのが病院のメリットであり、通販だとそれが無いために全て自己判断の上で手に入れるという事になり、薬についてよく知らずに安易に利用するのはリスクもあるという事は理解しておく必要があります。もう一つは通販サイトで購入する場合は偽物の販売も多いので気をつけなくてはならないという事であり、値段や品ぞろえだけで判断するのではなく、信頼する事が出来るかどうかをきちんと確認してみた方が良いです。

バルトレックス以外のヘルペス治療薬はある?

ヘルペスには単純ヘルペス(口唇ヘルペス、性器ヘルペス)、帯状ヘルペス、水疱瘡という種類があります。すべてヘルペスウィルスによってひきおこされる症状です。これらのヘルペスの治療には、薬を服用するか、患部にぬることで症状の抑制、緩和、再発を防ぎます。ヘルペスは再発性が高く疲労すると発症しやすくなるため、常備しておくと便利です。バルトレックスは、ヘルペスに効く薬として実績も高く知られています。ヘルペスウィルスの増殖を抑えて単純ヘルペスや帯状疱疹などの治療に使います。ヘルペスウィルスは細菌よりも小さい生物で他の生き物の細胞内に入り込んで、増殖して水膨れや赤い発疹を発症させます。ヘルペスウィルスが増殖するためのDNAの複製を阻害して、増殖を防ぎます。このバルトレックスはヘルペスウィルスが少ないうちに使用すると効果が高く治療も簡単です。そのため症状が出始めたら、なるべく早い服用が一番大切です。単純ヘルペスウィルスに対して強力な抗ウィルス作用があり、ヘルペスなどの再発抑制にもなります。ヘルペスの他の治療薬にバルトレックスのジェネリックとしてゾビラックスという薬があります。ゾビラックスも単純ヘルペスウィルス、帯状疱疹の治療に有効な医薬品です。ゾビラックスにはゼリー状、軟膏などのタイプもありますが、処方される飲み薬が一番有効です。やはりウィルスを攻撃して増殖を防ぎますが、バルトレックスより服用回数が多くなります。さらにファムビルという医薬品もヘルペスウィルスに効果のある抗ウィルス剤です。口内炎、口唇ヘルペス、性器ヘルペスなどの治療に用いて内服薬や軟膏として使用します。ヘルペスウィルスのDNAの複製を阻止して症状の悪化を防ぎます。
バルトレックスを服用して他の軟膏薬を併用しても構いませんし回復が早いかもしれませんが、保険適用にはなりません。

▼尖圭コンジローマを治すならバルトレックスよりもこちらの医薬品で
コンジローマ